東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

6.2 本章のまとめ

本章のまとめ

6.2 本章のまとめ

この章では、次のようなことを準備しました。

Pickup Lecture

  • データの削除を行う場合には「DELETE」キーワードを利用する。
  • 削除を行う場合、「WHERE」キーワードで条件を指定できる。
  • 「WHERE」キーワードで条件を指定しない場合、全ての行が対象となる。

 本章ではデータの基本操作の1つである「削除」について学習しました。
 データ削除の構文自体は難しいものではなかったと思います。しかし、更新処理と同じようにひとつ間違えればすべてのデータを壊してしまう危険を含んでいるため、基本をきちんと理解しておいて下さい。

NEXT>> 6.3 演習問題

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.