東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

2.1 MySQLの起動と接続

MySQLの起動と接続

2.1 MySQLの起動と接続

 本節ではMySQLの基本的な構造や、起動と接続方法について学習します。

2.1.1 MySQLの構造

 実際のMySQLを利用する前に、MySQLの構造について理解しておく必要があります。
 以下の図はMySQLの構造を表した図になります。

図 2.1.1 MySQLの構造

 MySQLは、幾つかのデータベースによって構成されています。また、各データベースはデータを管理するテーブルや、データの索引を表すインデックス、データの見せ方を表すビューによって構成されています。
 データベースとはテーマに沿ったデータの集合体と1章では説明しましたが、さらに詳しく伝えるとテーブル、インデックス、ビューの情報を管理するための器ということになります。

2.1.2 XAMPPを利用したMySQLの起動

 MySQLはWindowsのサービスとして登録することで常時起動しておくことも可能ですが、当スクールの環境では、XAMPPと呼ばれるツールを利用し、MySQLの起動と停止を管理します。
それでは、実際にXAMPPを利用し、MySQLの起動を行なってみましょう。

1. XAMPPコントロールパネルの起動

 受講中の講座により、XAMPPの実行ファイルの位置が異なります。下の表を参考にして下さい。

 xampp-control.exeをダブルクリックするとコントロールパネルが起動します。
ここで紹介していく図はJava基礎Ⅰ&Ⅱ講座を例にあげています。PHP入門講座、Android講座の場合にはアドレスが異なりますのでご注意下さい。

図 2.1.2: XAMPPコントローラの起動

2. MySQLの開始

 コントロールパネル上にあるMySQLの「start」ボタンをクリックするとMySQLが開始します。

図 2.1.3: MySQLの起動

 なお、実行中の状態でMySQLの「stop」ボタンをクリックするとMySQLが停止します。
 このようにXAMPPを利用すると、とても簡単にMySQLの実行や停止を行うことができます。

XAMPPコントロールパネルの「Service」チェックボックス

 XAMPPコントロールパネルの一番左側にある「Service」と書かれたチェックボックスは、各プログラムをWindowsサービスに登録したり、サービスを解除することができます。当スクールの環境ではWindowsサービスへの登録は行わないため、チェックを入れずに利用して下さい。

「Service」チェックボックスのチェックが外れない場合の対応方法

 「Service」チェックボックスをクリックしてもチェックが外れない場合は、そのプログラムがXAMPP以外からインストールされ、Windowsサービスに登録されている可能性があります。その場合には、コマンドプロンプトを起動して「SC DELETE MYSQL」コマンドを実行し、サービスの削除を行うことで、チェックを外すことができます。

2.1.3 コマンドプロンプトを利用したMySQLへの接続

 MySQLの起動方法について学習したところで、次はいよいよ実際のMySQLの操作について学習していきます。まず本節ではMySQLデータベースへの接続について学習します。
 MySQLデータベースの操作はMySQLクライアントを利用して行います。MySQLクライアントとは、Windowsのコマンドプロンプトなどで動作するツールで、MySQLの操作を行うことができます。
 それでは、コマンドプロンプトからMySQLクライアントを起動し、MySQLに接続してみましょう。

1. コマンドプロンプトの起動

 コマンドプロンプトは以下の手順で起動します。
 スタート > すべてのプログラム > アクセサリ > コマンドプロンプト

2. カレントディレクトリの変更

 コマンドプロンプトを利用しMySQLクライアントを起動する場合、カレントディレクトリをMySQLクライアントがあるディレクトリへ変更します。

 Java基礎Ⅰ&Ⅱ講座を受講された方は、コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを入力し「Enter」キーを押して下さい。

PHP入門基礎講座を受講された方は、コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを入力し「Enter」キーを押して下さい。

Android講座を受講された方は、コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを入力し「Enter」キーを押して下さい。

図 2.1.4 : カレントディレクトリの変更

3. MySQLクライアントへのログイン

 カレントディレクトリの変更後、以下のコマンドを入力し「Enter」キーを押して下さい。

 その後、パスワードの入力を促されますので、「root123」と入力し「Enter」キーを押します。

図 2.1.5 : MySQLへのログイン

 次のメッセージが画面に表示されれば、MySQLクライアントへの接続は完了です。

図 2.1.6 : MySQLへのログイン後の画面

ログイン時の「-b」コマンド

 mysqlへログインする際の「-b」というコマンドは、コマンドを間違って入力した場合などに発生するビープ音を消去する機能があります。ビープ音を消去しない場合には以下のコマンドでもログインすることができます。

NEXT>> 2.2 ユーザーの作成と削除

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.