東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

2.5 本章のまとめ

本章のまとめ

2.5 本章のまとめ

この章では、次のようなことを準備しました。

Pickup Lecture

  • MySQLを利用する方法の1つとして「XAMPP」を利用する方法がある。
  • MySQLへはMySQLクライアントを利用してアクセスする。
  • MySQLクライアントのユーザーを作成するには「GRANT」キーワードを利用する。
  • MySQLには初期状態で6つのデータべースが用意されている。
  • データベースやテーブルを作成するには「CREATE」キーワードを利用する。
  • データベースの一覧やテーブルの一覧、詳細を確認する場合には「SHOW」キーワードを利用する。
  • データベースやテーブルを削除するには「DROP」キーワードを利用する。
  • データベースでデータを管理するには、テーブルを作成する必要がある。
  • テーブルを作成するには予め、テーブル名、列名、列のデータ型、列の属性を決めておく必要がある。
  • 列のデータ型には様々な種類があり、決められた型のデータ以外は格納することができない。
  • 属性の1つである主キーを利用してデータを特定できるようにする。
  • 主キーには1つ列を設定した「主キー」と2つ以上の列を組み合わせた「複合主キー」が存在する。

 本章ではデータベース、MySQLへの接続方法、ユーザーの作成、データベースの作成、テーブルの作成について実習を交えて説明しました。
 これらは実際にデータベースを構築する際にどれも欠かせないステップになりますので、しっかりとマスターして下さい。
 特にテーブルの基本概念は、将来的にデータベース設計をする上での基礎知識ともなりますので、是非とも理解しておいて下さい。

NEXT>> 2.6 演習問題

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.