東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

4.1 文字列関数

文字列関数

4.1 文字列関数

 ここでは、文字列を処理するための関数をいくつか取り上げます。

4.1.1 CHAR_LENGTH関数

 文字列の長さを取得する関数です。
 書式は下記のようになります。

    SELECT CHAR_LENGTH(列名) FROM テーブル名;

 「bookinfo」テーブルの書籍タイトルの文字列の長さを取得したい場合、下記のようになります。

    SELECT CHAR_LENGTH(title) FROM bookinfo;


最後の行は値がないので、表示上は「NULL」となります。

4.1.2 CONCAT関数

 文字列を連結する関数です。
 書式は下記のようになります。

    SELECT CONCAT(文字列A,文字列B) FROM テーブル名;

 「bookinfo」テーブルの書籍タイトルに、「書籍名は、」と付け加えたい場合は下記のようになります。

    SELECT CONCAT('書籍名は、',title) FROM bookinfo;


最後の行は値がないので、文字列連結の対象外になります

 3つ以上の文字列を連結することも出来ます。
 「bookinfo」テーブルの書籍タイトルに、「書籍名は、」と「です。」付け加えたい場合は下記のようになります。

    SELECT CONCAT('書籍名は、',title,'です。') FROM bookinfo;

 またテーブルの列を連結することも出来ます。
「bookinfo」でISBN番号と書籍名を連結する場合は、

    SELECT CONCAT(isbn,title) FROM bookinfo;

 のようになります。


4.1.3 SUBSTRING関数

 部分文字列を取り出す関数です。
 書式は下記のようになります。

    SELECT SUBSTRING(文字列,取り出し開始位置,取り出す文字列数) FROM テーブル名;

 「bookinfo」テーブルの書籍タイトルの1文字目から3文字取り出したい場合は、

    SELECT SUBSTRING(title,1,3) FROM bookinfo;

 第3引数を省略すると、取り出し開始位置から、最後まで取り出します。

    SELECT SUBSTRING(title,4) FROM bookinfo;

 上記の指定は、書籍タイトルの4文字目から最後までを取り出しています。

最後の行は値がないので、文字列抽出の対象外になります。

NEXT>> 4.2 日付関数

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.