東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

1.2 算術演算子

算術演算子

1.2 算術演算子

 SQLでは、検索した結果に計算を加えたり、また計算結果を元に検索することができます。
ここでは計算に用いる基本的な算術演算子の使用方法について学習します。

1.2.1 検索結果を計算する

 まずは検索結果に計算を加える方法です。
 基本構文は下記の通りです。

    SELECT 列名または数値 算術演算子 列名または数値 FROM テーブル名 (必要によりWHERE句)

 算術演算子には下記のものがあります。

演算子 使用例 意味
+ a+b aとbを足す
a-b aからbを引く
* a*b aとbをかける
/ a/b aをbで割る
% a%b aをbで割った余り

 「bookinfo」テーブルの価格を税込みで表示してみましょう。

    SELECT isbn,title,price*1.05 FROM bookinfo;

 となります。

isbn title price
00001 SQL入門テキスト 1050 * 1.05 = 1102.50
00002 SQL基礎テキスト 2300 * 1.05 = 2415.00
00003 Java基礎テキスト 1050 * 1.05 = 1102.50
00004 PHP基礎テキスト 2100 * 1.05 = 2205.00
00005 Java Struts基礎テキスト 3800 * 1.05 = 3990.00
00006 Android基礎テキスト 2000 * 1.05 = 2100.00
00007 NULL 2800 * 1.05 = 2940.00

1.2.2 計算結果を元に検索する

 SQLでは、WHERE句の中に算術演算子を記述することができます。
 先程は計算結果に消費税計算を加えていましたが、今度は税込みの価格が2200円以上のデータを検索してみましょう。

    SELECT * FROM bookinfo WHERE price*1.05 >= 2200;


「WHERE」句で計算した結果は、「SELECT」句の検索結果とは無関係なので注意しましょう。
計算結果表示させたい場合は、「SELECT」句でも計算する必要があります。

NEXT>> 1.3 本章のまとめ

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.