東京都で開催する「初心者向けデータベース設計入門」講座です。

3.3 「GROUP BY」句と「HAVING」句

「GROUP BY」句と「HAVING」句

3.3 「GROUP BY」句と「HAVING」句

 「GROUP BY」句でグループ化したデータに対して、条件を指定してデータを絞り込む際に使用する「HAVING」句について説明します。

3.3.1 「HAVING」句の使い方

 「HAVING」句の使い方は、「WHERE」句に似ていますが、SQLでは「WHERE」句の中で集計関数を使えないルールになっていますので、 そのような場合は「HAVING」句を使用します。
 「HAVING」句の基本的な書式は下記のようになります。

   SELECT グループ化キー,集計関数(列名) FROM テーブル名 GROUP BY グループ化キー
   HAVING 集計関数(列名) 演算子 条件;

 例えば「orderinfo」で、ISBN番号ごとの注文数の合計を出し、このうち注文数が10以上のデータを抽出する場合を考えてみます。
 DML文は下記のようになります。

   SELECT isbn,SUM(quantity) FROM orderinfo GROUP BY isbn HAVING SUM(quantity) >=10;

 「HAVING」句では、下記の図のように、一旦集計されたデータを基に抽出条件が評価されます。

NEXT>> 3.4 本章のまとめ

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修
セミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.